武蔵浦和の関口接骨院 接骨院ってどんな時行くの?~②

サイトマップ

武蔵浦和の腰痛・肩・首痛解消の接骨院なら関口接骨院

048-839-6868

  • 定休日:日曜,祝日
  • 受付時間 : 8:30~20:00(詳細
  • 駐車場あり
  • 朝8時半から夜8時まで診療
  • 武蔵浦和駅より徒歩5分

接骨院ってどんな時行くの?~②

 

 前回に続き`接骨院´について説明させて頂きます。

 接骨院とは`柔道整復師が業として施術する所´となります。

 その昔、柔術家が怪我をした者や近所の人対して手当てを

 していた事が始まりで、次第に職業として世に広まって行き

 接骨=ほねつぎの看板を掲げたものとされています。

 したがつて接骨院で施術するものは、骨、筋肉、関節

 末梢神経などへ運動器に外力による損傷を起こしたもの

 となります。    

 傷病別では骨折(ひびを含む)/脱臼/捻挫/打撲/挫傷などで

 具体的には腕、手、足、指の骨折や肋骨、鎖骨の骨折。 

 あご、肩、肘、指の関節脱臼。ひざ、足首、足の指(趾)の関節脱臼。 

 関節の捻挫、(むちうち、ぎっくり腰、突き指、膝足首の靭帯損傷等)

 その他、打撲や筋違い、肉離れなどがあります。

 以上の様な新鮮外傷による怪我や損傷に対し必要な処置を施し

 後療法としての手技マニプレーションや患部観察、冷却/温熱療法

 各種理学/物理療法、、運動療法、生活指導などを取り入れ

 `患者様と共に治して行く施術´をいたします。

 いくつかの例を上げますと、「階段で転ろび骨折した」

 「バレーボールで突き指した」「自動車事故でムチウチ」

 「ベッドから落ちて打撲」「起床時に寝違えた」‥など

 接骨院での施術には健康保険が適応となるものがあります。

 しかし全てが適応先に成るわけでは無く、先程の新鮮外傷(急性) 

 又は、亜急性のものとされています。医学的には3週間以内を

 急性、これを超えるものを慢性としています。

 したがって`何ヶ月も前から肩が痛い´とか`寒くなると古傷が痛む´

 などは接骨院での健康保険適応の対象外となります。

 (注-保険を使わない施術は可能)

                                         だいぶ長くなってしまいました。 次回またこの続きから

 書かさせて頂きたいと思います。

                                                       関口接骨院 関口英明

  

 

                                        

    

 

 

 

 

この記事を共有する

この記事へのコメントは終了しました。

関口接骨院からのお知らせ

保険診療

 

症状によって、料金は異なります。保険適用となりますので、保険証をお持ち下さい。テーピング、牽引治療、干渉低周波、マイクロ治療、超音波治療、SSP治療、水中治療、スーパーライザー治療など、症状に合わせた治療をいたします。

鍼灸治療(一時休診中)・自由診療あり

鍼灸治療(一時休診中)・自由診療も行います
辛い痛みや頑固な凝りに対しては治療効果が高い鍼治療とお灸治療を行っています。はりは安心のディスポ鍼(1回限りの使い捨て)を使用いたします。又、じっくりと 時間をかけたマッサージをご希望の方には自由診療(実費)も行っておりますのでご相談下さい。 また、急なおケガにも随時対応しておりますのでご連絡ください。

鍼灸治療

048-839-6868

  • 受付時間:8:30~20:00(詳細
  • 定休日:日曜,祝日

アクセス・地図を見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...