武蔵浦和の関口接骨院 テニスしてなくてもテニス肘?(テニスエルボ−)/テニスレッグって?

サイトマップ

武蔵浦和の腰痛・肩・首痛解消の接骨院なら関口接骨院

048-839-6868

  • 定休日:日曜,祝日
  • 受付時間 : 8:30~20:00(詳細
  • 駐車場あり
  • 朝8時半から夜8時まで診療
  • 武蔵浦和駅より徒歩5分

テニスしてなくてもテニス肘?(テニスエルボ−)/テニスレッグって?

テニス肘(テニスエルボ−)の正式な傷病名は、上腕骨外側上顆炎と言います。
テニス愛好者に多く発症する事から`別名.俗名´として使われていますが、
テニスをしていない方にもよく起きる傷病です。
仕事や趣味等で手先を多く使ったり、力を込めて手首を使う事などで、
前腕の筋肉に緊張や反復の負荷がかかり、筋肉の付けねである肘の外側に
炎症が起きる事が主な原因に成ります。
一般的に30〜50代の女性に多くにみられ、筋力の低下や男性との筋力差が
関係するとも言われています。従って、主婦の方や、テニス以外のスポーツを
されている方にも発症し、テニスをしてなくても使われる傷病名と言えます。
症状として、タオルを強くしぼる 瓶のふたを開ける ドアノブを廻すなどで
痛みを発し、握力が低下することもあります。

又、最近では脚のふくらはぎ(下腿三頭筋)に起きる肉離れもテニス中の
ダッシュやジャンプ時に多い事から、テニスエルボ-(肘)同様、テニスレッグ(脚)と
言われる様に成っています。

この記事を共有する

この記事にコメントする

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

絵文字を挿入

関口接骨院からのお知らせ

保険診療

 

症状によって、料金は異なります。保険適用となりますので、保険証をお持ち下さい。テーピング、牽引治療、干渉低周波、マイクロ治療、超音波治療、SSP治療、水中治療、スーパーライザー治療など、症状に合わせた治療をいたします。

鍼灸治療(一時休診中)・自由診療あり

鍼灸治療(一時休診中)・自由診療も行います
辛い痛みや頑固な凝りに対しては治療効果が高い鍼治療とお灸治療を行っています。はりは安心のディスポ鍼(1回限りの使い捨て)を使用いたします。又、じっくりと 時間をかけたマッサージをご希望の方には自由診療(実費)も行っておりますのでご相談下さい。 また、急なおケガにも随時対応しておりますのでご連絡ください。

鍼灸治療

048-839-6868

  • 受付時間:8:30~20:00(詳細
  • 定休日:日曜,祝日

アクセス・地図を見る

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...